トヨタの販売戦略とは?

トヨタにはトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店と並んで高級モデル、高額商品だけを扱うレクサス店という販売チャネルがあります。
レクサス店ではどうやら他の貧乏人が買うような自動車を売る販売店とは互いのだということを言いたい様で、車はさておきサービス面にやたらと気を使っているようです。
特に最近ではレクサス店に最低一人はスペシャリストいう営業マンを置いているようで、その人間によってレクサス店の車の良さをレクチャーされるのが儀式となっているようです。
しかしそのスペシャリストという人間はかなりすごい方らしく、レクサス店の歴史からコンセプト、各モデルの特徴などを熟知しており、そういった話を来たお客様に聞かせるのだそうです。
ちょっと面白いのがトヨタという言葉をほとんど使わず、更に知識としてもレクサス店のことは詳しいがトヨタのことは全く分かっていないようでレクサス店のこと以外のことを聞くとうまくごまかしてくるそうです。
レクサス店の人間からすればレクサス店はトヨタではないと思っているらしいです。
そして車を見に行っただけなのに永遠と続くレクサスの授業を受けるわけですが、それが終わるころには誰もがレクサス店の車のことが好きになっているようでもしかしたマインドコントロールを行ているのではないかなどと思ったりしてしまいます。
そもそもトヨタの車に高価な装備や内装を付けただけで100万円も上乗せできる店舗ですからそう簡単に車が売れる訳はありませんのでこういった人間が必要なのかもしれませんが、ただ単に車を見に来た人間に洗脳ともとられるような売り方をしてはいけません。