スズキが久しぶりの3ナンバー

スズキは軽自動車や小型車ばかりを作っている自動車メーカーだと思われがちですが、エスクードやキザシなどそれなりに大きな3ナンバーボディを持つ車も作っています。そして今回また大きな車が増えることになりました。
今のところYRAという名前となっていますが発売時には変更になる可能性があります。この車はいわゆるコンパクトハッチバックモデルで、5ドアハッチバックボディに1.4リッタークラスのエンジンを搭載する車として作られているのですが、注目すべき点はS-エネチャージが搭載される可能性があるということです。
それまで軽自動車用の低燃費技術として使われていたエネチャージを小型普通乗用車のスイフトに搭載するということを行ってきたスズキですので、ワゴンRに搭載されている簡易型ハイブリッドシステムであるS-エネチャージがこの車に搭載されてもおかしくはありません。またスイフトに搭載されているデュアルジェットエンジンや1リッターのターボエンジンなども搭載される可能性があるようです。
既に海外では実装テストを行う場面を多数目撃されているようで発売カウントダウンといった感じです。
これによって28km/L程度の燃費性能を持つことになり、またコンパクトカークラスの激戦が復活しそうです。

車売るなら