引っ越しを機会に車を売る

乗っている車にそれほど愛着がない、今の車が古くなってきた、引っ越し先では車は使わない、ちょうど新型モデルが発売されたなどの状況にある方の中には、移動させるためにお金を使うのはもったいないという事で、今住んでいるところで車を売り払ってしまうという方法をとる方もいます。車の引っ越しをするということに関して言えば一番費用がかからない方法だと思いますが、引っ越ししてすぐに車を購入するという方はちょっと注意が必要です。
それは手続きに関することなのですが、車を購入したり自動車保険に加入したりするには定まった住所が必要です。引っ越しに際には必ず引っ越し先にて転入届を出して、現住所が変ったことを申告しなければならないのですが、荷物に埋もれた状態の中でどこまでスピーディーにその手続きを行うことができるかは疑問です。
場合によって引っ越ししてしばらくは引っ越し前のところに住所を置きっぱなしにしてしまうこともあり、そうなると車を購入する時やナンバーを取得する時に手続きが非常に面倒になってしまいます。それによって実際に新しい車が手元に入るタイミングが遅れてしまうことも考えられますので、「車を売ってそのお金でまた車を買う」と簡単に考えないほうがいいでしょう。